両親が脱毛に理解してくれなくて辛い…黒いプツプツから解放されるたった一つの方法

この記事は約4分で読めます。

あなたはこのような悩みはないですか?

  • 両親はムダ毛がなく私は毛深いのを理解してくれない
  • 学校がハーフパンツ強制で着なくちゃいけなくて辛い
  • 毎日、自己処理をしているので黒いプツプツができて、恥ずかしくて死にたい

 

私も両親の理解不足にはうんざりしました。

なぜか両親がツルツルなのに、私はこんなに毛深い。

どうしてだろうって、ずっと悩んでいたら、私の母方の祖母がかなり毛深い人でした…

その人の遺伝なんだなって。

そのせいもあってか、両親は、特に母親は私が毛深いのは馬鹿にして、からかったりとか、無神経な言葉を言ったりとかで本当に傷ついた覚えがあります。

まともに相談しても

「何であんたはうちの子なのに」みたいな感じで言われて、ひどい孤独感と虚しさに襲われました。

そんな言葉のせいもあってか、ストレスまぎれに無理やり自己処理をしたりとかしたせいで、肌がボロボロになったりとかするのも結構ありました。

本当にこのムダ毛が憎くて仕方がなかった。

このムダ毛がなければ、両親から愛されたのに。

ちゃんと認めてくれたのに。

 

私自身、わりと色白のせいか毛がすごく目立つ体質です。

はっきりと、くっきりと。

なので朝に剃ったのに昼頃にはもうチクチクだったりとか。

もう毛が毛穴から顔を出していたり。

毛を下から上に、流れに逆らって、逆剃りしているのにも関わらずです。

本当に剛毛でした。

夏でも出来る限り長袖を着て、下はタイツは当たり前。

薄いストッキングなんて履けません。

口周りのヒゲも目立つので、いつもマスクをしていました。

 

 

そんな私の経験を踏まえて体験談をご紹介します。

初めは少ないお小遣いで、親が理解してくれなかったため、大きなお金が出せませんでした。

カミソリを買って処理していました。

しかし、毎日のカミソリ処理は肌にすごく負担がかかります。

肌が赤くなったり、炎症を起こしてしまうことがよくありました。

敏感肌なのが原因もあります。

 

その後、こっそりと電動シェーバーを買って剃っていました。

カミソリよりは負担が少なく処理しやすくなりました。

それでも、しばらくすればジョリジョリ感は変わらず、悩ましい日々を送りました。

そういえば、お風呂は親と中学生ぐらいまで入っていたんですが、あそこの毛がすごく生えてきたので、そこも親に笑われて以来、一緒に入るのやめた記憶がありますね。

本当に嫌だったです。

 

 

それをともかくとして、やはりブツブツ感は変わらず、肌荒れも酷いため、市販の保湿剤でなんとか肌荒れを防いでいました。

その後、何かの広告で「パイナップル豆乳ローション」というのを知って、ちょっと高かったけど買って試してみました。

正直言うと、私の剛毛にはほとんど太刀打ちできなかったです。

まあ、ぬるぬるしていたので保湿には良かったかもしれませんが。

そして、高校になりバイトをしたいなと思ったんですが、校則でバイト禁止で全然できず。

早く社会人になりたいとずっと思っていました。

青春らしい青春は全く送ってこなかった。

友達のように恋愛をしたりとか、そういう経験もなく生きてきました。

本当に嫉妬したし、悔しかった。

そして、とうとうバイトができるようになり私は思い切って、脱毛サロンに行くことにしました。

でも初めは脱毛サロンに行くことにかなり抵抗がありました。

人前でこの剛毛を晒す事に凄く、恥ずかしさがあり、たまらなかったから。

ですが、これが最後ということで覚悟を決めて挑みました。

結果的にうまく行きました。

 

私は医療脱毛で救われました。

まあ話すと長いのですが、おすすめの脱毛クリニックについては、「こちらの別記事」をご覧いただけると嬉しいです。

すごく長くなりましたが、今は両親と離れて暮らし、それなりの距離感で仲良くできています。

脱毛できたことでコンプレックスから解放されて、親を許せるようになったのだと思います。

暗いことばかり書いてしまいましたが、あなたもきっと変われます!!

ガンバ!!